⽂字サイズ

新潟県南⿂沼市六⽇町2643番地1

TEL.025-788-1222

お問い合わせ

薬剤科のご案内

薬剤科のご案内

薬剤科の思い

私たちは、患者さん中心のチーム医療の一翼を担うことで適切な薬物治療が行われ、患者さんにとって安全で安心できる医療を提供します。

薬剤科の仕事

調剤業務

当院は医薬分業を実施しており9割以上の院外処方箋発行率です。 そのため、私たちは主に入院患者さまの処方箋を調剤しています。医師のオーダする処方について、用法・用量の確認、重複薬剤の有無、相互作用を確認し調剤を行っています。 内服薬は1回服用分ごとに与薬車にセットし、患者さま1日分ごとに各病棟へ届けます。

注射薬は患者さま個人ごとに注射薬品・ラベルを取りそろえ、各外来・各病棟へ届けています。

院内製剤

多様なニーズに応えるため、院内において申請・承認された製剤を作成しています。 例)モーズペースト、ブロー氏液、ていねい水など

抗がん剤の調整

医師・看護師と連携して外来・入院化学療法のレジメン管理を行い、医師のオーダする処方と紙処方箋を併用し、適切に抗がん剤が投与されるよう努めています。また、薬剤科に設置された安全キャビネットの中で薬剤師が抗がん剤を混合し、より安全に調整できるようにしています。

病棟薬剤師業務

患者さまに安心して薬物治療を受けていただくために、各病棟に担当薬剤師をおいています。
【持参薬の確認】 入院時に患者さまが持参した薬を確認し、医師・看護師へ情報提供を行います。 必要に応じて最適な薬剤への変更や適切な投与方法を医師に提案しています。

【処方チェック】 患者さまの状態(腎機能・肝機能・服薬機能)を考慮した上で、薬剤が適切に処方されているか確認しています。
【服薬指導】 新たな薬剤による治療が始まる時は、患者さまへ薬の薬効・飲み方・ 使用上の注意点などを説明しています。 服用後は薬剤の効果が発現しているか評価を行い、副作用が発現して いないかモニタリングを行います。

【病棟配置薬管理】 病棟に配置している医薬品に関して、保管方法や使用期限の管理を行っています。

医薬品管理

医薬品の在庫管理(発注・検収)や品質管理を行っています。 使用期限・温度設定・遮光保存などを厳格に管理し、 特に気をつけるべき薬剤(使用期限が短い、高額 である等)の動向を把握した上で在庫調整を行い、 医薬品を適正に使用できる環境を整えています。

DI業務

医薬品情報を収集し、必要な時に必要な情報を取り出せるように整理・管理しています。 重要な情報は迅速に医療スタッフへ周知するよう心掛けています。

チーム医療への参画

【骨粗鬆症教育入院】 テリパラチド自己注射製剤を使用する患者さまを対象に、医師・看護師・ 理学療法士・管理栄養士らと共に4泊5日の教育入院を行っています。

【感染対策チーム(ICT)】 医師・看護師・臨床検査技師らと共に、病院内での感染を防止するために情報を収集し、その状況に応じた適切な対策や指導を行っています。
【医療安全管理委員会】 医薬品に関わる安全管理体制の確保を初めとして、医療安全に関する院内体制の構築、職員教育、情報収集分析、事故未然防止のため対応策の立案など、幅広く参画しています。 その他にも各種委員会など、様々な職種と協力し連携を取りながら活動しています。

スタッフ

【スタッフ数】 ●薬剤師:正職員9名 ●薬剤助手:3名
【認定薬剤師】 ●日病薬生涯研修認定:1名 ●糖尿病療養指導士:1名 ●骨粗鬆症マネージャー:1名

※見学を希望する学生・薬剤師の方は下記までお問い合わせください。

お問い合わせ

担当 薬剤科
住所 〒949-6680 新潟県南魚沼市六日町2643番地1
電話 025-788-1222(代表) FAX/025-788-1231
Page Top