~地域医療、百聞は一見にしかず~

~地域医療、百聞は一見にしかず~

自治医科大学附属さいたま医療センター ジュニアレジデント

 自治医科大学附属さいたま医療センターの地域研修として、南魚沼市民病院で1カ月間研修をさせていただきました。短い期間ではありましたが、私にとってこの1カ月はかなり濃厚で、新鮮で、実りの多いものとなりました。
 普段私たちは、1人で内科外来をするという機会はほぼありません。初めての外来で、不安と緊張でいっぱいでしたが、上級医の先生、外来看護師さん達の全面的なサポートと、暖かい地域住民のみなさんに支えられて何とか業務を行うことができました。
通常、糖尿病や高血圧、脂質異常症など私たちが患者さんと出会う時には既に診断がついていて、内服中であることがほとんどです。健診異常で来院された患者さんを、自分で診断をつけ、内服を開始し、その経過を自分の外来で診る。初めての経験ばかりで、全てが新鮮でした。普段見慣れているはずの疾患やただの風邪でさえ、どうしたらいいのかわからず、自分の無知さに気付き、また診断をつけることの難しさも知る事ができました。
 病棟では主治医として患者さんを数人担当させて頂きました。主治医という重みをひしひしと感じ、曖昧な知識では許されない責任感と共に、勉学の活力となりました。
 また、訪問診療、訪問看護、訪問リハビリにも同行させていただき、保健所、市役所、特別養護老人ホーム、魚沼基幹病院の見学にも行かせて頂きました。百聞は一見にしかず。まさに地域医療といったものに触れることができ、大変貴重な経験となりました。各種ご関係の方々、セッティングしていただいた大西先生に感謝致します。
 都心と地域医療の違い、市中と大学病院の違いに戸惑う事も多々ありましたが、地域性なのでしょうか、南魚沼のみなさんは本当に暖かく、アットホームな病院で、こういった病院こそが地域医療を支えているのだなと肌で感じることができました。長い医師人生でもこの1カ月間は忘れないと思います。
 田部井先生始め、大西先生、菅原先生、賀来先生、早川先生、不慣れな点も多く、ご迷惑をおかけしたと思いますが、大変お世話になりました。その他南魚沼市民病院医療スタッフのみなさま、本当にありがとうございました。

Page Top