~初診外来がもっとも勉強になりました~

~初診外来がもっとも勉強になりました~

自治医科大学附属さいたま医療センター ジュニアレジデント

 10月の1か月間、地域医療研修としてお世話になりました。病院の先輩や同期から「南魚沼での研修は充実していて非常にためになる」と以前より聞いておりましたので大変楽しみにしておりました。
 実際の研修内容としては、初診外来、病棟業務、訪問診療などに加え、地域研修ならではの保健や福祉の業務にも参加させていただきました。中でも初診外来は私がもっとも勉強になったと感じている研修項目の一つです。外来と言えばこれまで夜間の救急外来しか経験のなかった私にとって、昼間の内科外来はまったく未知の領域でした。検査内容、フォローアップのタイミング、どうすれば目の前の患者さんの訴えを解決することができるのか。外来の限られた時間の中でのマネジメントは大変難しく、奥が深いものであることを痛感させられました。しかし、いつでも相談に乗ってくださる上級医の先生方、システム上の問題を何でも対応してくださるスタッフの皆様のサポートのおかげで大変多くのことを学ばせていただき、医師としてのやりがいも感じることができる時間でした。
 また、私は自治医科大学出身のため学生時代から訪問診療や地域包括ケアなどには馴染みがありましたが、医師として働き出してからこうした現場を見ると、学生時代とは異なる視点で見つめることができ大変貴重な経験となりました。
 この1か月で何より印象に残ったのが病院スタッフの方々の優しさと笑顔でした。赴任してきたばかりで慣れない私に懇切丁寧に教えてくださったり、初対面にも関わらず笑顔で挨拶してくださったりと、病院全体が大変居心地のよい雰囲気でした。おかげさまで何一つ不自由なく過ごすことができ本当に感謝しております。魚沼という土地柄もあり、食事やお酒も大変おいしく、とりわけ新米のコシヒカリは格別でこの時期の研修で本当によかったと思っています。本気丼(まじどん)の制覇に至らなかったのが唯一の心残りでしょうか。
 この1か月で学ばせていただいたことを忘れず、今後の医師生活に生かしていくとともに、後輩たちに南魚沼市民病院のよさを宣伝していきたいと思います。最後になりますが、お世話になりました先生方、病院スタッフの方々、医局秘書さん、他施設の皆様、南魚沼地域の皆様にこの場をお借りして御礼申し上げます。本当にありがとうございました。

Page Top