⽂字サイズ

新潟県南⿂沼市六⽇町2643番地1

TEL.025-788-1222

お問い合わせ

~南魚沼で過ごせた濃密な1か月~

~南魚沼で過ごせた濃密な1か月~

自治医科大学附属さいたま医療センター ジュニアレジデント

 自治医科大学附属さいたま医療センターから来ました、2年目の研修医です。12月の1か月間、研修させていただきました。
 豪雪地帯に住むのはこれまでの人生で初めてです。お店に並ぶ長靴の数々、道路に埋め込まれた消雪パイプの数々をみて、ここが豪雪地帯であることを実感しました。一晩で数十cmも降り積もるような日にスニーカーで外に出た暁には靴がびっしょりとなり、「長靴履いて行きなさい」との医局秘書さんからの助言を守らなかったことを大変後悔しました。
 さて研修の内容は病棟・外来・往診など多岐にわたり、日々が濃密でした。特に新患外来は初めての経験であり、学ぶことがとても多かったです。救急外来と比較して落ち着いている人は多いものの、今後の生活に介入していく必要があり、大きな責任を感じました。例えばリスクの比較的小さい生活習慣病の方に対しては食事・運動療法が第一選択になりますが、生活指導一つ行うにも患者さんひとりひとりの生活があり、どのように説明していけばよいか難渋することが多かったです。そんななか常に指導医の先生方がバックアップとしてついてくださり、常にフィードバックを受けることができたので、日々の成長を実感できて嬉しかったです。
 空いた時間は廃用予防のためにつとめて散歩に行くようにしていました。六日町駅まで晩酌に行ったり、あるときには塩沢まで遠出してみたり。「車があったほうがいい」と言われていましたが、歩くことで得られる発見も数多くあり、日々の散歩がとても楽しみでした。それに加えて近所でボウリングやカラオケに励み、できるだけ運動するよう心がけていましたが、体重計を見てびっくり。やはり増えていました。先月回っていた研修医の申し送りどおりです。それだけ美味しいもの、美味しいお酒に囲まれていれば自然と体重が増えてしまいます。ただ大宮に帰ってしまえばそんな贅沢も滅多にできなくなるので、残りの期間もほどほどに楽しんでいきたいと思います。
 忘年会にも参加させていただきました。どの部署の方も完成度が高く、笑いが止まりませんでした。これだけ盛り上がるのはスタッフの方々の距離の近さ・温かさがあるのだと実感しました。日々の業務でも困っているときはすぐ声を掛けていただけたので、慣れない環境ですが円滑に業務を進めていくことができました。1か月という短い期間でしたが、本当に有難うございました。

Page Top