~地域全体を視野にいれた医療ができるように力をつけていきたい~

~地域全体を視野にいれた医療ができるように力をつけていきたい~

さいたま市民医療センター ジュニアレジデント

 1か月と短い期間でしたがとても楽しく過ごさせていただきありがとうございました。医師として2年目最初のスタートが南魚沼市民病院での研修でした。新潟のスキー場によく行き、自宅でも南魚沼産のコシヒカリを食べていたため、新潟での研修は楽しみにしていましたが、「初めての病院」「初めての主治医」「初めての外来」と初めて尽くしの研修に不安を抱いていたのを覚えています。
 「初めての病院」でしたが、きてみればそんな不安もどこへやら、病院内のスタッフは優しく、相談にのってくれる先生方も優しく、あっという間に居心地のよい場所になりました。サポートしてくださった院内スタッフの方々、未熟なコンサルトにも笑顔で対応してくださった先生方には本当に感謝しています。私の知らないところで、たくさんの方が支えてくださっていたと思いますが、この場を借りてお礼を申し上げます。
 「初めての主治医」として、ベッドサイドに自分の名前が貼ってあるのをみて、正直なところ下手なことはできないな、と思いました。今までもしっかり考えながら医療をしてきたのですが、主治医となると責任感が何倍にも膨れ上がるように感じ、2年目でよい経験をさせていただけたと思っています。入院から退院後まで考えてマネージメントしていく中で、保健師の方の「高齢化が進んでいて、介護が大変になってきている」という言葉も痛感しました。地域での筋力づくり教室などの取り組みへの注力は本当に素晴らしいな、と思っています。経験年数も若い現段階では具体的に何ができるかはあげられませんが、医師として将来的には院内患者だけでなく、地域全体を視野にいれた医療ができるように力をつけていきたいと思います。
 「初めての外来」では、問診から診断までの一連の流れのなかで、自分の診断が間違っていないか、怖い病気を見逃していないか、処方した薬は効いているのか、とびくびくしながら診させていただきました。外来診療での難しさと診断をつけていく楽しさ、を経験しましたが、優しく見守ってくださったスタッフの方々にはたくさん負担をおかけしたと思います。本当にありがとうございます。臆病なところは心の中に持ちつつ、もっと適切な外来診療をできるように精進します。
 南魚沼市民病院で研修できてよかったです。おいしいご飯も食べまくることができました。いつか成長した姿でまたみなさまにお会いできることを楽しみにしています!

Page Top