~考えさせられる事の多い1か月となりました~

~考えさせられる事の多い1か月となりました~

自治医科大学附属さいたま医療センター ジュニアレジデント

 自治医科大学附属さいたま医療センターからの地域研修ということで、1か月という短い期間ではありましたが大変お世話になりました。当初はカルテの使い方もわからず、外来をするのも初めてであり周囲の方々には大変なご迷惑をおかけしたかと思います。しかし、嫌な顔もせずむしろ温かくフォローしてくださり、楽しく充実した研修期間を過ごさせていただきました。
 外来では、普段病棟業務で何気無く使っている薬剤でも新しく始めてお帰りいただくことがこれほど怖いのかと実感しました。また、限られた時間だからこそ丁寧に話を聞き、説明をすることが重要なのだと改めて気づかされました。
 病棟では、担当医ではなく「主治医」として患者様を見せていただき、今までよりも一つ一つの行為に責任を感じながら対応させて頂きました。疾患自体もさいたま医療センターで診ていた専門性の高い疾患というよりも、multi problemの中の肺炎や心不全であるなどのcommon diseaseや今までなら救急外来に来ても緊急性は低く、入院の適応にはならなかったようなものでも自宅では診られないからという社会的適応で入院されるcaseも経験し、少しではありますが地域に根ざした医療というものを学べたと思います。他にも訪問診療や訪問介護など普段の診療では体験することのできなかった地域医療ならではの経験や、特別養護老人ホームの見学の際に制度のお話や果たしている機能などを改めて学ばせていただけるなど、本当に盛り沢山で考えさせられる事の多い1か月となりました。
 来月からは元の病院で今まで通りの状況で診療業務にあたらせていただき、来年以降もおそらく先進医療や専門性の高い業務を中心に働かせていただくことになると思いますが、そのような中でも今回南魚沼市民病院で学ばせいただいた事を活かして、今まで以上に患者様に寄り添っていきたいと思っております。最後になりますが、田部井院長をはじめとした先生方、コメディカルの方々、事務の方々には多くの面で支えていただき、楽しく研修させていただきました。心より感謝申し上げます。

Page Top