⽂字サイズ

新潟県南⿂沼市六⽇町2643番地1

TEL.025-788-1222

お問い合わせ

~学ばせてもらうことや気付きの機会が多かった~

~学ばせてもらうことや気付きの機会が多かった~

埼玉石心会病院 ジュニアレジデント

 1か月という短い期間ではありましたが大変お世話になりました。振り返ると、心電図波形のように日々は過ぎていきました。初日は埼玉から高速道路での道中を熱唱しながら運転してきたこともあり、自分の中で少しハイテンションでした。それとともに急性期病院で1年ほど研修医として働いてきた自負と、地域貢献へのかすかな想い、新潟という新しい土地に繰り出すフレッシュな気持ちが入り混じって、上向きのエネルギーが僕を動かしていました。これがP波です。しかし、その状況も長くは続かず、初めてのカルテにうまく適応できなかったり、受け持ち患者さんの把握が間に合わなかったり、新患外来という普段とは違った形での患者さんとの接し方に戸惑いが生じていました。さらに気温の変化も相まって、体調を崩しました。僕にとってはよくあることです。この期間はエネルギーの上下の振れ幅がとても深く、しかも数日間続きました。つまりwide QRSです。その後はSTが低下しないように、かつ上昇もしないように一定のエネルギー量を保つことを心掛けた結果、ST変化は認めませんでした。絶妙に起電力変化を調整しつつ、少し慣れてきた頃に同行させていただいた往診が、僕にとってのT波でした。往診では日常生活がしっかりと送れているのかに主眼を置いていると思いました。そこで大事なのは、食べることと出すことでした。今の自分にとっては当たり前過ぎて何とも思っていないことが、年を重ねることでプロブレムもシフトしていくと実感しました。そんな1か月を振り返ることで発生する最後の揺さぶりがU波です。まさに今です。
 自分の感情を心電図で例えてみましたが、わかりづらかったかもしれません。今回の研修では、学ばせてもらうことや、気付きの機会が多かったです。今回の経験をいつかどこかで発揮できるように今後も研修に努めていこうと思います。
 最後になりましたが、院長先生をはじめとする指導医やシニアの先生方、看護師さんをはじめとするコメディカルスタッフの方々、事務の方々には大変お世話になりました。またご縁がありましたら、その際はよろしくお願いします。どうもありがとうございました。

Page Top