~医学的な正解だけを考えるのではなく、生活環境や社会面まで気を配る~

~医学的な正解だけを考えるのではなく、生活環境や社会面まで気を配る~

自治医科大学附属さいたま医療センター シニアレジデント

 自治医科大学附属さいたま医療センター・総合診療科から8月、9月にお世話になりましたシニアレジデントです。私は総合診療科所属ということもあり、とりわけ専門分野もなく、前任の先生方と比べると学年も若く、力不足で皆様にご迷惑をおかけすることが多かったかと思います。外来での診療も不慣れな部分も多く、先輩先生方や看護師さんの多大なるご協力に日々感謝をして診療を行って参りました。
 南魚沼市民病院での2か月は忙しいながらも、大変有意義な時間を過ごすことができました。一番の収穫として、患者さんに対して医学的な正解だけを考えるのではなく、生活環境や社会面まで気を配る全人的な医療を行っていくために多くの事を学ぶことができました。医学だけでは解決できない環境で経験を積んできた先生方の知識をお借りすることで、今までとは違った医療への向き合い方ができるようになったと思います。勿論、病院の数が少ない地域での勤務は決して楽なものではありませんでした。しかし多忙な外来の中で、さりげない患者さんからの励ましの言葉が何よりの心の支えとなっておりました。往診も貴重な機会であり、実際にご自宅へ伺い診察させていただくことで、患者さんだけでなく看護者の方々の苦労や愛情を垣間見ることができました。
 また医療の現場だけでなく、新潟の自然や食も楽しむことができました。元々私は、中高は茨城、大学は栃木と青春時代を田舎で過ごしたこともあり自然に囲まれた六日町での生活は非常に心地よかったです。週末に新潟を堪能し地域を知ることで、より日々の診療に臨場感が増しました。
 この2か月間供に診療に当たってきた先生方、院内スタッフの方々とは少なからず絆が深まったのではないかと思っております。いつか、またどこかで一緒に働けることを楽しみにしております。私を医師としても人間としても成長させてくださった南魚沼の皆様に、この場をお借りして御礼申し上げます。本当にありがとうございました。

Page Top