~地域の人を診るということは、まず医療者がその地域のことを理解することが重要である~

~地域の人を診るということは、まず医療者がその地域のことを理解することが重要である~

自治医科大学附属さいたま医療センター ジュニアレジデント

 1か月間大変お世話になりました。
 南魚沼には父親がゆきぐに大和病院の常勤であった関係で、小学校1年生の時に、約1年間住んでおりました。そのような縁もあって、家族旅行でも度々訪れた南魚沼でしたが、実際に研修医として戻って来るとは想像しておりませんでした。今、研修を終えて感じることは、スタッフの方々が大変親切で、とにかく働きやすい環境だったということです。
 まず業務の面で新鮮だったことは、内科外来を担当できたことが挙げられます。終始、緊張と不安でいっぱいでしたが、方針に迷った際は、大西先生をはじめとした上級医からの的確なアドバイスがあり、外来看護師さんもサポートしてくださいました。また、外来で診た患者さんが入院となった場合は、入院後もそのまま担当させていただき、主治医として診療に参加することができました。治療方針の決定はもちろんですが、患者さんやそのご家族に経過の説明、時には厳しいお話をしなければならないことがあり、そのような面でも貴重な経験をさせていただきました。
 訪問診療など当院が提供する活動にも参加させていただき、当院の地域における役割を実感しました。地域の人を診るということは、まず医療者がその地域のことを理解することが重要であると感じました。そして、病院で待っているだけでなく、時にはその地域に直接医療者が入って、生活を垣間見ることが理解を深めるのに大切だということを実感しました。また、地域の方々の健康に対する意識も高く、自らの健康を自分たちでつくっていく、そういった文化がこの地域には根付いていると感じ、当院と大和病院が長年続けている活動の賜物だと感じました。ただ、当院では対応困難な状態が悪い患者さんを長岡まで搬送しなければならないこともありました。この地域の医療体制には課題も残っており、より南魚沼の住民にとって住みやすい地域にできるのでは、とも感じました。
 あいにく梅雨の時期と被ってしまいましたが、綺麗な山々に囲まれ生活できた時間は大変貴重なものでした。医師としての将来を考える大切な時期に、当院で研修できたことを幸運に思っております。ありがとうございました。

Page Top