⽂字サイズ

新潟県南⿂沼市六⽇町2643番地1

TEL.025-788-1222

お問い合わせ

~様々な職種のスタッフとの関わりが重要である~

~様々な職種のスタッフとの関わりが重要である~

自治医科大学附属さいたま医療センター ジュニアレジデント

 この度は10月の1か月の間、地域医療研修として南魚沼市民病院で研修させていただきました。1か月という短い時間でしたが、とても充実した研修生活を送ることができました。研修を終えた今、とても寂しい気持ちでいっぱいです。
 日々の業務の中には初診外来がありました。自分にとって外来診療をするのは初めてで、緊張と不安の中、慣れない電子カルテを操作しながら診察した初日の外来をよく覚えています。わからないことだらけで始まった外来ですが、外来スタッフ、看護師、上級医が忙しい中でも優しく丁寧に教えて下さり、皆さんの優しさを身に染みて感じました。外来でどうすれば良いかわからず困ってしまった時には、上級医に相談できる体制があり、外来でどのように検査を進めていくのか、どのタイミングでフォローすればいいのか等、今まで考えたことがなかったことを学ぶことができました。
 病棟では自分が主治医として患者さんを担当したことが印象的でした。主治医となることで責任感を感じ、看護師をはじめ、薬剤師、リハビリ療法士等、様々な職種のスタッフとの関わりが重要であることを強く感じました。また、患者さんご家族にICをする機会があり、自分が実際に話をすることで患者さんやご家族との信頼関係の重要さを感じることができました。退院カンファレンスでは退院後の生活について、患者さんに合ったサービスを考えながら話し合いがあり、地域で良い連携がとれていると感じました。訪問診療や訪問看護、訪問リハビリにも同行できたのが印象的で、地域医療の重要性を感じることができました。
 院外では、南魚沼のたくさんの美味しい食べ物をいただくことができました。10月はちょうど新米の季節で、本気丼はどれも美味しく、特に新米を土鍋で炊いたおこげ付きのごはんを食べたときの衝撃は忘れられません。普段日本酒はあまり飲まないのですが、新潟で飲んだ日本酒はどれも美味しくてついお土産にたくさん買ってしまいました。また、病院スタッフと行った尾瀬のハイキング、同期とシニアの先生と行ったドラゴンドラの紅葉、4日間連続で入った温泉など、沢山の思い出ができました。
 このような素晴らしい研修の場を与えて下さった南魚沼市民病院の皆様、市職員の皆様、そして上級医の皆様、本当にありがとうございました。地域医療研修での経験を活かしてこれからも頑張りたいと思います。

Page Top