⽂字サイズ

新潟県南⿂沼市六⽇町2643番地1

TEL.025-788-1222

お問い合わせ

~家庭環境や生活習慣まで考えて初めて治療方針が決定される~

~家庭環境や生活習慣まで考えて初めて治療方針が決定される~

自治医科大学附属さいたま医療センター ジュニアレジデント

 5~6月の4週間地域医療研修をさせていただいた、自治医科大学附属さいたま医療センターのジュニアレジデントです。自施設以外の病院での研修は初めてで緊張しておりましたが、振り返るとあっという間で、楽しく充実した日々でした。
 地域医療と今まで埼玉で経験してきた医療と何が異なるのか、新潟に来る前まではあまりイメージすることができませんでした。しかし実際に新潟で患者さんも含めて多くの方とお話すると、地域医療でしか経験できないことがたくさんあるとわかりました。
 特に主治医としてマネジメントする能力と、地域や家族のサポートについて学びました。初期研修1年目の時は日々の業務になれることに必死で、今振り返ると自ら主体的に考える力が不足していたと思います。地域医療で初診の患者さんを診察させていただいたり、入院患者さんを主治医として担当させていただいたりする中で多くを考えることができました。例えば治療介入の必要性、外来・入院の判断、治療ゴールや目標の設定などです。健康診断で異常を指摘された方の外来で、ある方は経過観察、別の方は数か月後に再度外来受診、また別の方はすぐに内服治療開始とそれぞれ異なっていました。それは患者さんの家庭環境や生活習慣まで考えて初めて治療方針が決定される、ということを学びました。また地域や家族のサポートの大切さ・重要性を感じました。訪問診療、訪問看護、訪問リハビリに同行させていただき、医療が必要な人が自宅で生活するために何が必要なのか、そしてどんな体制でサポートしているのかを目で見て感じることができました。家まで医療を届けることって素敵だなと感じました。
 私が研修させていただいた5~6月は、ちょうど田植えが終わり、周りは新緑にあふれ、夜は蛍が飛んでいて、とても素晴らしい環境でした。まだまだ医師として未熟ですが、南魚沼で学んだことを埼玉でさらに発展させることができるよう、これからも頑張ります。
 南魚沼の皆様、本当にお世話になりました。素敵な時間と経験をくださり、ありがとうございました。

Page Top