~実際に経験してみないとわからない貴重な経験~

~実際に経験してみないとわからない貴重な経験~

北里大学病院 ジュニアレジデント

 北里大学病院研修医2年目のジュニアレジデントです。私は2020年の6月に1か月間、貴院内科で地域研修をさせていただきました。
 私は生まれも育ちも都心部で、大学も研修先も神奈川県のため、南魚沼での生活は慣れないことが多く、その分毎日がとても刺激的なものでした。6月の田植え直後の田んぼの見渡す限りどこまでも続く緑のたなびきや、その合間から見える水面の太陽光の反射は見とれてしまうほど美しく、季節的に見ることができた蛍の輝きは幻想的でした。日本の原風景を垣間見た気がしました。また、食事面でも新米の季節ではなかったものの、やはりお米の美味しさは別格で同時に魚介類やもち豚等のグルメも満喫させていただきました。
 仕事面では、普段の大学病院勤務では内科の中のスペシャリティにわかれた研修を受けているため、総合的な「内科」の研修は新鮮なものがありました。また、大学病院での研修に比べて自身で考えて決められる部分も大きくのびのびと診療に当たる事ができました。「内科」医として患者さんの事を専門的かつ包括的に診て、退院後も見据えて治療していく先生方の姿は見習うべきものだと感じました。上級医の先生は大変優しく指導してくださり、とても勉強になりました。また、頼りがいのあるコメディカルの方々にも助けていただきながら大変有意義な1か月になりました。
 訪問診療、訪問看護、訪問リハビリの現場も見学させていただきました。やはり土地柄一回の訪問で移動する距離が長く、30分以上かかる場合もあることに驚きました。また、山間の小さな無医村のたった一人の患者さんのための往診や、地域の集会所に患者さんを集めての診療など今まで考えたことも無いような診療形態があり、実際に経験してみないとわからない貴重な経験を体験をすることができました。
 1か月というとても短い間でしたが、毎日が刺激的であり、大変有意義かつ楽しく過ぎていきました。農村部の地域医療の現場を体験できる大変貴重な機会をいただき感謝の念が絶えません。先生方を始め病院職員の方々、そして何よりも貴重な経験をさせていただいた患者様方に感謝いたします。ありがとうございました。

Page Top