~自身の医療への関わりを見つめなおす良い機会~

~自身の医療への関わりを見つめなおす良い機会~

自治医科大学附属さいたま医療センター シニアレジデント

 6~7月の2か月間内科医として研修させていただきました、自治医科大学附属さいたま医療センター循環器内科のシニアレジデントです。短い間ではございましたが、様々な方に助けられ充実した時間を送らせていただきました、この場をお借りし御礼申し上げます。
 私自身が富山県出身だったこともあり、田んぼや川に囲まれた南魚沼市民病院での2か月間は親近感やノスタルジーを抱きながらの研修となりました。
 ただ異なる点も多々あり、当初悩まされたのは方言です。「難儀い」(合っているのか?)と教えてくださったおばあ様は、何度も聞き返したためか優しく言い直してくれました…。その後スタッフや患者さんの会話を聞いていくうちに意味が理解できるようになり、回診の時などしれっと「難儀くありませんか?」と使ってみたものです。
 外来へいらっしゃる患者さんの多種多様な主訴・悩みも大変私を困らせたものです。完全房室ブロックや腸捻転による緊急性の高いものから、なんとなく心配、血圧が高くて、などの「そうだよなぁ」と思わされる悩みを教えていただく機会も多く、総合病院でありながら地域に根差した病院なのだと、感心するとともに自身の医療への関わりを見つめなおす良い機会となりました。
 また、研修期間中に南魚沼市民病院や周辺施設で過ごした中で個人的に好きだったところは、朗らかに働いていらっしゃるスタッフ一同の明るさや笑顔でした。高齢化が著しく必ずしも臨んだ形での退院とならないことも多く、かつコロナウイルスの関係でいつにもまして陰鬱とした感情に支配されがちに思われますが、全くそれを感じさせない人間味豊かであたたかな職場でした。皆が自分の仕事を大切に行うことで、患者さんやご家族も含めた一丸となったメンバーで作り上げる現場を、身をもって体感致しました。  表立って感謝の意は伝えられませんでしたが、実はひっそりと、心の中でこのような思いを温めておりました。短期間ではございましたがこのような貴重な現場に加えていただいたこと、このようにお伝えできる機会をいただいたこと、心より重ねて感謝申し上げます。
 最後となりますが、またご一緒できることを楽しみに、日々の精進を重ねて参ります。どうぞ皆さまつつがなくお過ごしください。

Page Top