⽂字サイズ

新潟県南⿂沼市六⽇町2643番地1

TEL.025-788-1222

お問い合わせ

~日常生活に寄り添った健診や訪問、健康づくりの重要性を認識~

~日常生活に寄り添った健診や訪問、健康づくりの重要性を認識~

さいたま市民医療センター ジュニアレジデント

 さいたま市民医療センターの研修医(2年目)です。
 2021年1月の1か月間、南魚沼市民病院で研修させてもらいました。南魚沼の地は空気が澄んでいて、見渡す限り山々がそびえ、自然の中で心癒されながら研修をすることができました。また、八海山をはじめ、鶴齢、金城山、坂戸山などの日本酒、南魚沼産コシヒカリのご飯と食事もお酒も楽しませてもらいました。
 本題の地域研修ですが、主な業務としては、一般外来と病棟を研修させてもらいました。また、外科、リハビリ、乳幼児健診、訪問診療・看護・リハビリ、筋力づくり(市営の体操教室)の見学もさせてもらいました。見学の際には、どの部署でも丁寧な説明をして下さり、また質問にもわかりやすく答えていただき、大変ありがたく感じています。学生時代に比べて実際の臨床を経験したことで、より日常生活に寄り添った健診や訪問、健康づくりの重要性を認識しました。沢山の人の支えで医療が成り立っているということも改めて実感いたしました。
 一般外来では、検診異常(高血圧、高血糖、脂質異常症、血尿、細菌尿)を沢山見させてもらいました。埼玉での研修では、外来といったらもっぱら救急外来で、急性期の治療介入が必要な診療がメインでしたが、再検査後に次回健診や健康指導・内服処方し数か月後再診というパターンは初めての経験でした。そのため、知らないことが多く沢山調べ、上級医へ相談する毎日でした。とても勉強になりました。
 病棟では、感染症や心不全、脳卒中などコモン・ディズィーズが多かったと思います。普段の研修では主治医をやることはなく、主治医としての診療は初めてでした。主治医となると、今まで以上に責任を感じ、今の診療が正しいのか不安も多かったです。ですが、上級医の先生方にアドバイスを沢山いただけたため、心強く安心して業務に取り組むことができました。
 ここでの経験を生かし、よりよい診療と指導ができる医者であれるよう、これからも精進して参りたいと思います。1か月間という短い期間ではありましたが、様々な方にお世話になりました。ありがとうございました。

Page Top